ポリ袋販売やレンタルタオルが注目の鍵|一種の宣伝方法

色々な用途で使えるタオルサービスを活用する

貸しおしぼりの活用

貸しおしぼりの今後について

貸しおしぼりを導入するところですぐに思い浮かぶのが喫茶店です。そして、レストランです。ただレストランの場合も最近はセリフでお水をとりにいったり、紙のおしぼりを自分で取りに行くようなお店が増えているのが現状です。 ですから、ある意味、ちゃんとした貸しおしぼりを今でも使っているお店は貴重な存在といっても良いでしょう。 昔の時代に比べると、今現在でもこのような状況になっているのが貸しおしぼり全体の流れです。では、今後はどうなっていくでしょう。 傾向としては、高級店であれば、やはり高級を売りにしているわけですので、おしぼりについても、最上級の貸しおしぼりを使っていますが、薄利多売で行っているような飲食店はなかなか今後導入は厳しい可能性は高いです。

貸おしぼり利用での注意点について

貸しおしぼりを使うか使わないか、これは飲食店の場合で考えた場合、お店の判断ひとつになってくるわけですが、セルフスタイルの喫茶店ではないケースでは、貸しおしぼりはできるだけ今後も使い続けていくことがベストです。 もちろん、貸しおしぼりをお客さんに提供するためには業者から仕入れるため、費用は発生しますが、お客側としてもちゃんとしたおしぼりが出てくるお店と、紙おしぼりが出てくるお店では、印象がとても大きく変わるわけです。 喫茶店でゆっくりとくつろぎたいと思っている人は、ちゃんとしたおしぼりを好むわけです。 ですから、目先の貸しおしぼりにかかる費用だけを考えるのではなく、長い目で常連の獲得等を考えると、貸しおしぼりの存在は大きいです。

Copyright © 2015 ポリ袋販売やレンタルタオルが注目の鍵|一種の宣伝方法 All Rights Reserved.